雑記

【ジャンル別に3つずつ】マイルール:いつも私がしていること

こんにちは、しきです。

今回は、日経WOMANの「”いつもの私”で毎日がうまくいく My Rules」という本を読んだので、いつも私がしていることをジャンル別に3つずつに厳選して、マイルールとしてご紹介します。

暮らしのマイルール

①朝ゆっくり過ごす時間をつくる

朝早く起きることが好きなので、いつも用意にかかる時間に加えてゆっくり過ごす時間をつくれるように毎朝起きるようにしています。

朝ごはんをしっかり食べたり、ドリッパーで淹れたコーヒーを飲みながら本を読むのが現在のお気に入りの朝じかんです。

②時計を近くに置く

私は何時に何をするという予定を頭の中で組み立てることが多いので、時間を気にして行動することが多いです。

しかしタイマーは音にびっくりしてしまうので使いません。

時計をいつでも目に入るぐらい近くに置いて、いつでも時間を見れるようにしています。

③ごみを溜めない

家に物が貯まると空気がとどまってしまっていい運が巡ってこない気がするので、家にごみを溜めないようにしています。

燃えるごみは1週間か1週間半に1回捨てて、洗濯機のくず取りネットにたまったほこりは1週間に1回捨てて、掃除機も1週間に2回ぐらいかけています。

お金のマイルール

①毎月3万円積み立て投資する

持っている証券口座で毎月3万円を自動で積み立て投資するように設定してあり、この金額は減らさないようにして最低限の貯金を続けるようにしています。

②家計簿をつける

毎月の支出額を知りたいので、家計簿をつけるようにしています。

普段の買い物はクレジットカードのみ使うので、日々の支出の記録は家計簿アプリを使用しています。

クレジットカードをアプリと連携させると自動で支出が記録されるので、毎回の入力が不要でとても便利です。

しかし私が使っているマネーフォワードMEというアプリの無料版は1年分の記録しか残らないので、翌月の5日ぐらいに1か月の支出をエクセルで記録しています。

家計簿の活用方法としては、1か月の支出の合計金額の予算だけ決めて、それを越えた月の翌月は少し節約するようにしています。

③買い置きは2個まで

安いからといって一度にたくさん買うと管理できないし場所を取るし、すぐ近くに買いに行けるところがあるし、置く場所の家賃がもったいないと思うので買い置きは2個までと決めています。

仕事・スキルアップのマイルール

①教えてもらえることは積極的に教えてもらう

自分が知らないことを教えてもらえることは本当にありがたいことだと思っています。

例えば仕事のコツはその人が時間をかけて仕事をする中で見つけたものだろうし、機械の使い方はその人が使ってみたり説明書を読む中で知ったことだと思うので。

なので、教えてもらうときは集中して話を聞いて、必ず感謝を言葉で伝えることにして、わからないことはその場で質問するようにしています。

それが教えてもらうことに対する礼儀だと思うしマイルールとして大切にすべきことだと思っています。

②報告書は専門外の人が見てもわかるように書く

どのような仕事であれいろいろな人が関わるものだし、今後仕事を引き継ぐこともあるものと考えています。

なので報告書はできるだけわかりやすく、専門外の人が見てもわかるように書くように心がけています。

③挨拶をする

当たり前ですが挨拶をすることは本当に重要だと考えています。

なぜなら、挨拶は喋ったことのない人に対しても使えるコミュニケーション術だからです。

「いつも挨拶してくれる人だ」と思ってもらえたり、「挨拶ができるなんてきちんとした人なんだろう」と思ってもらえたら仕事もしやすいし思いがけないチャンスも増えるのではないかと思っています。

まとめ

以上、私が毎日の生活で実践しているマイルールをご紹介しました。

みなさんが大事にしているマイルールはありますか?

もし今回紹介したマイルールで真似してみようと思うものがあればぜひ真似してください。

みなさんの生活が少しでも充実して幸せなものになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。