商品レビュー

【徹底レビュー】初心者がDuolingo 韓国語コースを100日間やってみた

こんにちは、しきです。

今回は、韓国語がまったくできない初心者の私がDuolingoの韓国語コースを100日間継続してやってみたので徹底的にレビューします。

この記事の主な内容はこちらです。

  • Duolingoをおすすめしたい人、おすすめできない人の特徴
  • 私が100日間の学習してみた感想と勉強時間
  • Duolingoの使い方
  • 想定される疑問に対するQ&A

また2021年11月に加筆・訂正を行い、最新アップデートに対応しました。

特に敬語やタメ口、天候、公共マナーなどの学習項目が追加されたことが実用的でいいと思っています。

ではさっそくご紹介します。

【結論】単語を覚えたい初心者におすすめ

Duolingo 韓国語コースを100日間継続してみた感想を一言でいうと、「聞いてわかる単語は増えた。でも字幕なしで聞き取れるようにはならない」でした。

Duolingoの良かった点は以下の2つです。

  • レッスンをクリアしてもらえるXPでランクを競うので、ゲーム感覚で楽しく継続できた。
  • 1つの単元で25のレッスンをクリアする必要があるので、何度も問題を繰り返して単語を覚えられた。

逆にDuolingoの良くなかった点は以下の2つです。

  • 選択問題のみなので、単語の音とハングルはなんとなく分かるようになったが、ヒントなしで単語を書くことはできるようにならなかった。
  • 発音する問題がないので、正しい発音を身に付けることができなかった。

よって私がDuolingoをおすすめしたい人は、このような方です。

  • まずはハングルを読めるようになりたい
  • 楽しく単語を覚えたい
  • 基礎から韓国語を勉強したい
  • 資格の勉強の前に、少しでも単語を勉強したい
  • アプリで手軽に韓国語を勉強したい

また、このような方にはDuolingoをおすすめできません。

  • 韓国語を話せるようになりたい
  • TOPIKなど韓国語の資格を取りたい

Duolingoには話す練習をする問題がないので、会話の練習をしたい場合は別のスクールやレッスンで行う必要があります。

またDuolingoでは学習内容の全体像が見えないこと、問題を繰り返して定着させるので進むのが遅いこと、文法の解説がないことから、本格的な資格の勉強には不向きです。

しき

ゼロから韓国語を学びたい方にはとてもおすすめのアプリです。

100日間継続したらどんな内容が学習できるのか、ぜひ見ていってください。

【レビュー】私が学習した100日間の記録

始める前の実力、Duolingoでの目標

Duolingo 韓国語コースを始める前の私の実力は、

  • ハングルの音だけわかる
  • 歌詞や会話でよく出てくる単語が10個ぐらいわかる

ぐらいで、完全に初心者でした。

韓国語を学習する上での私の目標は、まず「字幕なしでKPOPの曲や動画を楽しむことができるようになること」で、最終的には「日常会話ができるようになること」でした。

Duolingoでは、「毎日5分でも継続すること」と「1番上のリーグに昇格し、そのリーグに残り続けること」を目標にしました。

100日間で進めた単元

100日間で完了した単元は、ハングル1から学校までの20個でした。

実感としては、韓国語の動画を見ているときに、「~から~まで」や「いただきます」、「行く、来る」など聞き取れる単語が増えたなと思います。

実生活に基づいた内容で構成されているので、KPOPの曲よりもバラエティーやリアリティー番組、ラジオなどで進歩を感じられました。

まだ完了していない単元は、行動1から説明2までの11個です。

チェックポイント3から後の単元が表示されていませんが、チェックポイント3をクリアした後にもう少し単元が増えると予想しています。

ーーーーー追記ーーーーー

2021年11月現在では、新たな単元が出現していたので紹介します。

前回は「説明2」まででしたが、今回は「洋服」から「公共マナー」まで合計30単元が追加されていました。

ーーーーーーーーーーーー

各単元はレベルが5段階あり、各レベルにレッスンが5個あります。

各単元の学習を完了しオレンジ色にするためにはレベル5に到達する必要があり、それまでに合計25個のレッスンを行う必要があります。

しかし各レベルの最初の2つのレッスンをノーミスでクリアすることができれば、残りの3つのレッスンを飛ばして次のレベルに進むことができます。

100日間の学習時間は1日平均9分

2021年3月1日に学習を開始し、4月10日から毎週ウィークリーレポートがメールで届きました。

そこで、これまでのレポート結果を表にまとめました。

最初の3週間のデータがないのですが、3月27日から6月11日まで(77日間)の勉強時間は合計11時間52分で、1日の平均学習時間は9分でした。

期間(1週間)獲得したXP学習した時間学習した単語復習したフレーズ完了したレッスン
3月20日~3月26日1211
3月27日~4月2日7131時間15分
4月3日~4月9日7861時間14分3341733
4月10日~4月16日11622時間7分2860748
4月17日~4月23日2840時間42分3724019
4月24日~4月30日6141時間23分238030
5月1日~5月7日8640時間55分2035428
5月8日~5月14日2200時間32分1115212
5月15日~5月21日5060時間46分3026621
5月22日~5月28日8481時間23分4844335
5月29日~6月4日6290時間51分18429123
6月5日~6月11日3360時間44分920216
4/3~6/11の合計
(70日間)
624910時間37分4023352265

Duolingoのコンセプトが「1日15分の学習」なので1日9分だとすこし少ないですが、それでも毎週リーグに残留できているのでアプリ利用者の中では平均的な学習時間だと思います。

4月17日からガクンと学習時間が減っているのは、一番上のリーグに入ることができたので目標を「1番上のリーグに入ること」から「1番上のリーグに残留すること」に変更したからです。

以上から、学習時間の目安としてはリーグ昇格を狙うなら1週間に1時間15分~2時間(1日に10~15分)、リーグ残留を狙うなら50分ぐらい(1日に7分)学習すればよいと思います。

しき

リーグ昇格を狙いたい方は、最後の「【おまけ】XPを効率よくためる作戦」もご覧ください!

【使い方】Duolingoはゲーム感覚で学習できる

私は最初からずっと無料版のみを利用しており、無料版で十分に使えるアプリだと思います。

ここでは無料版のDuolingoの画面をもとに、

  • コース開始前のレベル診断テスト
  • 1レッスンの流れ
  • ホーム画面の使い方
  • 基本設定

をご紹介します。

コース開始前のレベル診断テスト

コースでの学習の前に、「ゼロからスタート」と「レベル診断テストにトライ」のどちらかを選択します。

私はハングルの読み方だけは勉強していたので少しでも飛ばせる単元があるかと思い、レベル診断テストを受けました。

結果は、まったく歯が立たず1番最初のハングルのレッスンからスタートとなりました。

1レッスンの流れ

コースを開始したら、早速レッスンが開始されます。

まずアプリを開くと、無料版は緑、有料版は青の画面になります。

すぐに画面が切り替わり、ホーム画面が表示されます。

学習したい単元の丸いボタンを押すと、レッスンを開始するボタンが表示されます。(左の画面)

「開始 +10XP」の白いボタンを押すと、ロード中の画面になり、ロードが完了するとレッスンが開始されます。(右の画面)

ここでレッスンを開始するにはHPが1以上あることが必要ですが、レッスンを開始することによってHPが減ることはありません。

HPが減るのはレッスンで間違えた場合のみです。
間違えたレッスンの直後に受けるレッスンの最初に、広告を見てHPを1つ回復させるチャンスがあります。

基本的な問題は、単語、文章、リスニングの3種類です。

単語の問題は、イラストと新出単語が一緒に表示されたカードを選びます。

回答する際には、どの問題でも回答を選んで「送信する」ボタンを押します。

回答を選ばないと「送信する」ボタンは灰色のままで、押すことができません。

文章の問題は、日本語から韓国語に訳す問題と、韓国語から日本語に訳す問題があります。

韓国語から日本語に訳す問題の場合、文章中の意味が分からない単語を押すと意味が表示されます。(画像参照)

また韓国語から日本語に訳す問題では最初に一文の音声が流れ、青色のスピーカーボタンを押すと何度でも聞き直すことができます。

日本語から韓国語に訳す問題では、単語ボタンを押すと単語の音声が流れます。

リスニングの問題は、音声を聞いて韓国語の文を作る問題です。(左と真ん中の画面)

スピーカーのボタンを押すと何度でも音声を聞くことができ、亀のボタンを押すと再生速度をゆっくりにした音声を聞くことができます。

各レッスンの最後の2問は難しい問題が出題されます。(右の画面)

ハングルの単元のみ問題の形式が少し異なり、同じ意味のペアをタップする問題が出ます。(左上の画面)

ハングルの単元の他の問題も一例を載せておきます。(他3枚の画面)

1つのレッスンは全部で17問あります。時間制限はなく、じっくり解くことができます。

5問および10問連続正解すると、側転したりハイタッチをして喜んでくれます。(左と真ん中の画面)

最後の2問は難しい問題で、問題に入る前にパワーアップしたDuo(緑の鳥)が出てきます。(右の画面)

全問正解の場合にもハイタッチなどでパーフェクトを喜んでくれます。(左の画面)

全ての問題が終了すると、レッスンコンプリートの画面が表示されます。(右の画面)

1つのレッスンをクリアするとレッスンXPとして10XPもらうことができ、全問正解だとコンボボーナスXPとしてさらに5XPもらえます。

何問か間違えるともらえるコンボボーナスXPは減ります。

またその日の最初のレッスンではジェムをもらえうことができ、何日連続で学習を続けているかも表示されます。

以上が1レッスンの流れです。

もっと学習を深めたい方は、このような学習法が効果的だと思います。

  • 学習した単語を書き出す→翌日復習する
  • 問題ごとに単語や文章を声に出して発音する

ーーーーー追記ーーーーー

2021年11月現在では、①毎月のチャレンジの追加と、②全ての問題が終わった時の画面のアップデートが行われていました。

①毎月のチャレンジの追加は、学習内容に影響はありませんが学習を楽しく進められるシステムだと思います。

下の写真は、左上が10月のもので他3枚が11月のものです。

1日10分ほど勉強したら1か月で1000XPは余裕でゲットできますが、獲得したXPが増えるとほめてくれるのでやる気が上がります。

②全ての問題が終わった時の画面のアップデートでは、レッスンXPとコンボボーナスXPが合計して「レッスンXP」と表示され、新たに「レッスンスコア」として正解率が表示されるようになっていました。

【発展】学習が完了した単元はレジェンドレベルにしよう

さきほどの100日間で完了した単元の一覧で、単元のイラストがオレンジ色になっているものと紫色になっているものがあったことにお気づきになった方がいらっしゃると思います。

各単元でレベル5になると単元のイラストがオレンジ色になるのですが、最終段階としてレジェンドレベルをクリアすると紫色にすることができます。

以前はレジェンドレベルになると復習が必要なひび割れが起きないとされていましたが、現在はレジェンドレベルでもひび割れが起こります。

レジェンドレベルにするためには「ジェム」というポイントのようなものを使う必要があるので、無料版を利用している方の中には「ひび割れが起こるなら、ジェムがもったいないし各単元をレジェンドレベルにする意味がない」と思う方もいるかもしれません。

ですが紫色の単元が増えると学習が進んでいることがぱっと見でわかるので、やる気を引き出すことに役立つと思います。

レジェンドレベルの1レッスンの流れもご紹介します。

まずオレンジ色になっている単元のイラストを押すと、「練習 +10XP」と「レジェンドレベル +20XP」のボタンが表示されます。(左の画面)

「レジェンドレベル +20XP」のボタンを押すと「開始 +20XP」を選択する画面が表示されます。(真ん中の画面)

無料版の場合、「開始 +20XP」のボタンを押すと、「1回100ジェム」でジェムを使ってレッスンを受けるか「有料版を無料トライアルする」を選択する画面になります。(右の画面)

私は貯めていたジェムを使いますが、ジェムを使いたくない方はたまに出現する有料版の無料トライアルができる期間にまとめてレジェンドレベルに挑戦するといいと思います。

ジェムを使う方を選択すると、問題が始まります。

レジェンドレベルでは時間制限がありますが、私はいつも制限時間の半分ぐらいでクリアできるので心配はいりません。

またレジェンドレベルでは、意味が分からない単語が出てきても意味を表示させることはできません。(文の下に点線がないのが、意味表示機能なしの目印です。)

1つのレッスンが終わるとレッスンXPが20XPと、全問正解であればさらにコンボボーナス5XPがもらえます。

レジェンドレベルのレッスンは4つあり、すべてクリアすると単元のイラストが紫色になります。

ホーム画面の使い方・基本設定

ホーム画面では大きく表示されている単元のイラストの他に、①選択しているコース(今回は韓国語コース)、②獲得したクラウン数、③継続日数、④HP、⑤間違い直しをしていない間違いの数、⑥その日獲得したXPが表示されます。

①から④の各項目を押した画面はこちらです。

①では自分が学習しているコースが表示され、学習するコースの追加と切り替えができます。(左上の画面)

②は使ったことがなく、③は継続日数を確かめるためだけに使っています。(②右上、③左下の画面)

④のHPは、レッスンで1問間違えるごとに1ずつ減っていきます。(右下の画面)

無料版だとHPは最大で5しか貯まらず、1つのレッスンで2問間違えると2減り、3問間違えると3減ります。

疑問形なのに肯定文で答える、「とても」「少し」などの単語を入れ忘れるなど、ケアレスミスには本当にご注意ください。

⑤、⑥の項目を押した画面はこちらです。

⑤の間違い直しは有料版でないとできないので、私はたまにある有料版の無料トライアルの期間にまとめて間違い直ししています。(左の画面)

さらにホーム画面の下の部分には⑦ホーム画面、⑧プロフィール、⑨ランキング、⑩ショップのボタンがあり、画面を切り替えることができます。

⑧のプロフィールには、名前、ユーザー名(IDのような英数字)、Duolingoを開始した年月、居住国/地域、学習しているコース、プロフィール画像、学習状況、友達、実績が表示されます。

学習状況の項目は、連続記録、累計XP、合計クラウン数、現在のリーグです。

友達の項目は、フォロー中とフォロワー、友達の招待特典です。

実績の項目は、こちらの13個です。各項目を達成するとジェムがもらえます。

学習状況と実績は、学習している全てのコースを合わせた数値で評価されます。

また、プロフィール画面の右上にある歯車を押すと、設定を編集することができます。

ここで登録されている情報は、プロフィール画像、名前、ユーザー名、パスワード、メールアドレス、国/地域です。

学習状況の共有、毎日の目標を編集、ヘルプセンター、コースの管理、フィードバック、ログアウトのボタンもあります。(左の画面)

実際に使うボタンは、毎日の目標を編集とコースの管理の2つだと思います。

毎日の目標は4つの設定から選べます。(真ん中の画面)

コースの管理では学習するコースを減らすことはできますが増やすことはできません。(右の画面)

コースの追加は、ホーム画面にある①のコース選択ボタンから行うことができます。

その他に以下の設定を変更できます。

毎日レッスンすることを忘れそうだという方は、レッスンのリマインダーを設定するといいと思います。
リマインダーの送信時間は30分きざみで24時間のうち何時にでも設定できます。

⑨のランキングでは、その週に所属しているリーグでのランキングが表示されます。

Duolingoでは常に10リーグのうちのどれかに所属し、1週間のXP数を競います。

各リーグの名前を忘れてしまったのですが各リーグは30人ずつで、一番上はダイヤモンドリーグです。

所属するリーグは1週間の合計XPによる順位で決まり、上位5人が上のリーグに昇格、下位5人が下のリーグに降格、残りの20人が残留します。

毎週のリーグが変わるタイミングは、日本時間で日曜日の午後7時です。
(以前は月曜日の午前9時でしたが、変更されましたのでご注意ください。)

リーグは居住国や学習しているコースが関係なく、様々な国の様々な言語を学習している人がいます。

⑩のショップでは、ジェムを買ったり、ジェムを使ってアイテムや着せ替えを買うことができます。

私は連続フリーズを常に装備しており、100日間で1回だけ消費しました。

私は着せ替えなどは買わず、連続フリーズを買うこととレジェンドレベルに挑戦することにジェムを使っています。

【Q&A】会員登録の有無、無料版で十分か、広告の頻度など

これまでにご紹介した内容と重複することもあると思いますが、Duolingoをもっと知ってもらうために皆さんが疑問に思うであろうことを想定してQ&A方式でお答えします。

Q.会員登録は必要?メールはどれぐらい届く?

A.Duolingoを始めたのが1年前なので詳しくは覚えていませんが、会員登録は必要で私はメールアドレスで登録したと思います。

また私はメールが少なくなるよう設定しているので、この100日間で届いたメールは週1回のウィークリーレポートのみです。

以前は他に新しいコースが出たときや長い期間レッスンをサボった時にメールがきましたが、数は多くなかったと思います。

メールが多いと感じる方は、設定のメール配信ボタンを見直してみてください。

Q.オフラインでできる?

A.オフラインでレッスンを受けることはできません。

またアプリを開くこととプロフィール画面を見ることはできますが、ランキングとショップの画面は見ることができません。

Q.無料版で十分?有料版にしたらできることは?

A.私は無料版で十分だと思います。

有料版のDuolingo Plusにしたらできることは、主に以下の4つです。

  • HP無制限
  • 間違い直しレッスン
  • 実力診断クイズ
  • 広告なし

無料版で広告が出てくるのは仕方ないですし無料版だから進めないという単元はないので、私は無料版を使い続ける予定です。

Q.広告はどれぐらい出てくる?

A.レッスンを終えるたびに出てきます。

画像だけの広告はすぐ閉じることができます。

動画の広告はほとんどが5秒で閉じるボタンが押せるようになりますが、Duolingo Plusの広告はもう少し長いです。

Q.無音でできる?

A.無音でレッスンを進めることは難しいと思います。

韓国語の音声を聞いて日本語訳を答える問題があるためです。

Q.まったく韓国語を勉強したことがないけど大丈夫?

A.大丈夫です。私もDuolingoが最初の韓国語教材です。

ハングルが読めなくても、Duolingoではハングルから学び始めることができます。

また問題文に出てきた単語の意味が分からない場合はその単語を押すと意味が表示されるので、意味を確認しながら問題を解くことができます。

音声は何度も聞き直すことができます。

新しい単元のレッスンははじめは難しく感じますが、レッスンを進めると何度か同じ問題が出てくるので、だんだん覚えて問題を解けるようになっていきます。

ぜひ気軽にDuolingoを始めてみてください。

Q.学習できる内容は?

A.100日間で学習できたのはハングル、名詞、動詞、動詞の過去形です。

単元としては、ハングル、紹介、挨拶(失礼します、いただきますなど)、家(部屋の中に椅子がありますなど)、人物(父母、兄弟姉妹など)、食べ物、家族、日常生活(行く、来るなど)、時間、買い物、趣味、食事、説明、学校です。

手ごたえとしては、韓国語の動画を見ていて聞き取れる単語が増えたなと実感できています。

単語を学ぶ教材として、Duolingoはおすすめです。

【おまけ】XPを効率よくためるための作戦

Duolingoの目的は言語学習ですが、ゲーム形式なのでどうせならランキング上位を狙って昇格していきたいですよね。

そこで1番上のダイヤモンドリーグまで到達した私が、ランキング上位になるためにやっていたXPを効率よくためるための作戦をお教えします。

それはずばり「XPブーストを使う」です。

XPブーストとは、15分間、XPが2倍もらえるようになることです。

各レベルの5つ目のレッスンを終了することで、XPブーストを手に入れることができます。

効率よくランキング上位を狙いたい場合は、

  • 5つ目のレッスンを残して、その日の学習を終える
  • 翌日の最初に5つ目のレッスンをやってXPブーストを手に入れる
  • 15分間レッスンを進め、また5つ目のレッスンを残して学習を終える

という作戦で毎日レッスンを行うと、1日の学習時間を短縮しつつ最大限XPをためることができます。

XPブーストがあと何分残っているかは、ショップの画面で確認することができます。

さらにXPを貯めたい場合は、XPブーストの間にレジェンドレベルの問題を解くのがおすすめです。

レジェンドレベルでは1つのレッスンで通常25XPもらえますが、XPブーストだと2倍で50XPもらえます。

レジェンドレベルのレッスンは4つなので、すべてやると200XPです。

1レッスン2分かかったとしても8分で終わるので、かなり効率がいいと思います。

昇格できるかギリギリだ、という方は、日曜日の昼過ぎに順位を確認してください。

ランキングは日本時間で毎週日曜日の午後7時に締め切りなので、7時より前に日曜日分のレッスンを終えるといいと思います。

また次のリーグには日曜日の午後7時以降にレッスンを開始した時点で所属することになり、同じぐらいの時間にレッスンを開始した人とリーグが組まれます。

なので月曜日の遅めの時間にレッスンを開始するとリーグに所属する時間が少し短くなり、競うXPが少しですが少なくなって効率的だと思います。

日・月以外の曜日は、時間帯を気にせず時間が取れる時にレッスンを行ってください。

【まとめ】Duolingoで1日15分の韓国語学習を始めよう

以上、Duolingoの韓国語コースをご紹介しました。

Duolingoは1日15分で韓国語を学習できる、おすすめの教材です。

私は「できるだけ早くすべての単元を終わらせること」を目標に、今後もDuolingoの韓国語コースを進めていきます。

ぜひみなさんもDuolingoで韓国語を勉強しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。